お墓の彫刻文字変更について

先日お問合せがあったお話です。

「現在お墓があるのですが、○○家之墓と彫刻しているのを直すことは可能か?」とお問合せご質問がありました。お話を伺うと、娘さん夫婦がお墓を守っていってくれるとの事でお嫁に行っている娘さんたちと苗字が違うのでどうすればいいのか悩んでいるとの事でした。

お墓の跡継ぎの問題は、最近のお墓事情の中でも大きな問題のひとつです。上記の事に関してはよくある内容のひとつとして挙げられます。最近では建てる前に両家の苗字を彫刻する方、逆に苗字を彫刻しない方もいらっしゃいます。

すでにあるお墓を直していきたい場合は下記の方法があります。

昔ながらのお墓の和形の場合、正面の竿石(一番上の長方形の石)に『○○家之墓』と彫刻しているのが一番多いです。竿石に『先祖代々之墓』下の台に『○○家』と彫刻しているもあります。

石に彫刻している場合は文字だけを簡単に消すことはできません。彫刻している石の面を削り磨き直し、それから再度彫刻する必要があります。そのため文字を直す場合は石の寸法が小さくなってしまいます。石の寸法は、それぞれの部材とのバランスをみてベストの寸法で設計していますので多少バランスが悪くなってしまします。そのバランスを気にしない場合は、彫刻を直す石のみを、他とのバランスをあわせる場合はすべての石を削り磨きなおす必要があります。

もうひとつの方法をしては、文字を直したい部分の石のみを新しい石に変更する方法があります。その場合、同じ石種の石を用意しますがそこだけ新しい石なので多少色味の違いなどが出てくる可能性はあります。

どちらにしても加工費または材料費などかかる作業工程になります。ご検討の際はどれくらい費用が掛かるのか御見積りをとって頂きご家族でご検討いただければと思います。